キャリアアップできる資格を手に入れて給料アップをめざそう

職場に必要な資格を習得して、キャリアアップを目指してみませんか。
ある専門分野で活躍をしたいという方や、同じ職場内での作業にある資格が必要で、習得すれば給与がアップするなど、人それぞれ理由があるのではないでしょうか。
たとえば看護職や介護職では、役職に合わせて給与の額に差があることもあります。
その一例として、看護師では看護師免許と準看護師免許があるかないかで、給与に大きな開きがでてきます。
平成22年度の厚生労働省の調べによれば、看護師の平均年収は399万円に対し、準看護師の場合だと281万円となり、その差は118万円も違ってくるのです。
大きな差だとは思いませんか。
看護職のような仕事の場合、働きながら勉強することができるので、キャリアアップを目指すのであれば、資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。
これは、看護職だけではなく他の業界でも同じことが言えます。
少しでも給与をアップさせたいのなら、一考の余地があるでしょう。